mineoの料金プランとMNP転出・解約金・速度・制限について

mineo月額プランと解約

mineoの料金や初期費用・通信速度をご紹介していきます。今、ご利用中のスマホの料金と比べて、どの程度の料金を節約することができるのか、把握してみてはいかがでしょう。 月額料金と初期費用をチェックしてみましょう。

mineoの料金プランと初期費用

mineoの料金プランに関しては、データ専用SIMと音声機能付きSIMのどちらかを選ぶことが出来ます。通話SIMには070/080/090番号が使えるというメリットがあるので、今まで通りの携帯電話として使いたい場合には、音声通話が出来るSIMにすれば、今までと違和感なく使うことが出来ます。通話SIMの料金プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データSIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっています。

mineoの解約縛り

mineoの解約縛りと解約違約金に関して、解説していきます。mineoのメリットとしてあげられるのが、解約金のようなものはかかりません。解約違約金の心配が無いという事は、気楽に格安スマホを試せるので、大きな魅力を持つMVNOでしょう。ただし一つ条件があって、1年以内に携帯電話番号ポータビリティー(MNP)転出される場合には、MNP転出手数料 12,420円(税込)の支払いを要求されます。通話SIMでご契約の場合、頭の片隅に入れておいてください。

mineo格安スマホの特色

格安SIM/スマホを扱っているmineo(マイネオ)は数あるMVNOの一つです。au、docomo、Softbankから乗り換えると、スマートフォンの月額使用料を大幅に削減することができると期待できます。mineoは月額1,310円という安さが売りの格安SIMです。日本で初めてのマルチキャリアMVNOであるmineoは、キャリアでもトップクラスのdocomoとAUの回線プランを取り揃えています。通話の質も対応エリアもドコモ及びauと同等ですので安心です。そんな訳で、今回は、mineoのスピードや口コミをレビューしながら、ご紹介していきます。圧縮したスマホ代で何買おうか考えるだけでもう…。

docomoとAU回線網の格安SIMサービス

mineoはdocomoとAUの回線を利用して、格安スマホサービスを提供しています。音声通話の品質もdocomoやAUと変わりなく良いですし、電波の届くエリアも同じです。契約しているスマホがdocomoやauであるなら引き続き利用できるので、スマートフォンを新規購入する煩わしさもありません。高い端末代を新たに払うことなく、乗り換えが出来るのも嬉しいポイントですね。当たり前の事ですが、mineo内で用意している格安スマホも購入してサービスを利用出来ます。安心できるキャリア回線を安く使うことが出来ますし、ドコモ回線かau回線のどちらかを選んで契約することが出来ます。プランごとに料金が少しずつ違うので、その点を見比べながら、検討してみると良いでしょう。

VoLTE専用プランあり

mineoの特徴として、VoLTE対応プランを提供しているというところが挙げられます。VoLTEとはVoice over LTEの略でこれまでの通話方式に比べて非常にクリアな音質の通話ができる、新しく革新的な通話内容です。300Hz~3.4kHzまでの周波数の音しか拾うことが出来なかったこれまでの方式とは違います。このVoLTEは、なんと50Hz~7kHzまでの音が拾えるのです。すなわち、今までと異なり、快適な音質での通話が可能ということになったわけです。VoLTE対応という魅力に惹かれて、mineoを選ぶ人もいるほどです。

データ繰り越しにも対応

そして mineoの場合は、余った通信容量の翌月繰越しが可能なため、月によって使うデータ量が変わる方にも、通信料金を気にせず利用できる便利なシステムとなっていますね。

mineoスイッチの活用で、データ量節約

mineoには、mineoスイッチというものも用意されていて、高速通信と低速通信のどちらかに切り替えることが可能です。データ使用量のムダが減らせて便利でいいです。Wi-Fiとmineoスイッチを組み合わせると、より一層、低額でご利用いただくことも可能です。何かと高くなるスマホ料金を安く済ませるのに役立つことでしょう。

mineoのインターネット速度について

ドコモでもAUでも、どちらのスマホでも使える格安スマホmineoの通信スピードについてちょっとご紹介します。docomo回線利用でのDプランの場合は、LTE回線で225Mbps、Aプランにおいても、AU回線の225MbpsのLTE回線を用意しています。通信系のサイトなどでも比較されていますが、お昼や夜の混雑する時間帯に利用される場合は、混雑時はキャリアで契約した回線の方が高速です。そのため混雑がピークとなる時間帯でも高速通信を行う必要がある場合には、大手キャリアの契約のほうがよろしいかと思います。キャリアに比べてこれだけ安いのだから、mineoは納得のコスパ。これだけ安心して使える格安スマホに今しておかないと、後で後悔しちゃうかもしれません。

mineo Aプランにおける3日制限

mineoでは、通信回線が一度に送れるデータ量にはどうしても制限があるものですから、利用者が公平に使うための知恵が求められるわけで、データ通信を多く使用したユーザーの速度を制限しています。どのように算出するかというと、直近3日間に利用したデータ通信の量で計算され、定められたデータ容量を超えた人に対して、通信の速度にリミットがかかります。3日間で規定容量を超えなければ、速度制限が自動的に解除となります。特別に何かをしていない限り、一般的な使用をしていれば制限にかかる事がないと思います。mineoでは、各契約プランごとの規定値は決められておらず、Aプランは、全プラン共通で3日で1GBが規定値に設定されています。

mineo Dプランでの3日制限0

mineoのドコモプランでは、直近の3日間の通信量を基にした速度制限は適用されません。例えば、メールの送受信のみの日と動画閲覧を頻繁にする日など、日によってデータ使用量に大きな差が出る方は、AUの回線を使うプランよりも、このドコモ回線のDプランの方が、使いすぎによる速度規制を気にすることなく利用できるでしょう。このような内容を視野に入れて比べた上で、プランをどちらにするか検討をお願いします。

【終了間近】キャンペーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)